長い歴史と文化を持つ山鹿温泉
熊本県山鹿市にある山鹿温泉は、今も昔ながらの面影を残し、県内で最も歴史のある温泉地のひとつです。
「山鹿千軒たらいなし」と唄われるほど豊富な湯量を誇り、まろやかな肌触りのお湯はこれまで多くの人々の心と体を癒してきました。
一説によると、手負いの鹿が湯に浸かっているのを見て、この温泉が発見されたということです。
この温泉も文明5年(1473年)3月に突然かれてしまいましたが、金剛乗寺(こんごうじょうじ)の住職宥明法印(ゆうめいほういん)が薬師堂を建立し、ここで不眠不休の祈祷をしたおかげで12月20日に念願のお湯が復活しました。
山鹿市のさくら湯入口の横にある薬師堂では、毎年この日に温泉復活感謝祭が開かれています。

  • 山鹿の街並み
    江戸時代から参勤交代道として知られ、昔ながらの長屋・酒蔵が並ぶ風情あふれる街並みは撮影スポットとしてもオススメ

  • 山鹿灯籠まつり
    毎年8/15・16で開催される山鹿灯籠まつりは、頭に金灯籠を掲げた浴衣姿の女性たちが、ゆったりとした情緒漂う「よへほ節」の調べにのせて優雅に舞い踊ります。

  • 山鹿灯籠浪漫・百花百彩
    光に照らされた和傘のオブジェと竹灯籠で湯の町山鹿を彩ります。 歴史ある街並みの中に様々な形でデザインされた灯籠が置いてあり、それを見て歩くのが定番となっております。
山鹿の街を庭のように眺めることができる宿「眺山庭」
いつでも気軽に帰ってこれる、あなたの宿
眺山庭は7部屋のみの部屋数です。 また、この7部屋には全室かけ流しの内湯がついていて、大人2名でもゆったりとはいれます。
24時間いつでも温泉が出せますので、思い立ったらパッと脱いで気持ちいい温泉へ。
食事処は広いうえ、個室のご用意もありますので、ほかのお客様を気にすることなく気兼ねなく過ごすことができます。
お部屋でゆっくりと山鹿の温泉をお楽しみください。

  • 眺山庭の湯
    山鹿市内を見下ろせる源泉かけ流し、天然100%の温泉です。 地下800mより汲み上げられた温泉は、白亜紀の雨水が自然ろ過されたもので、天からの恵みという意味を込めて「天の湯」と名付けられています。 全7つのお部屋に備え付けてある内湯も、すべて源泉かけ流しで、天然100%の温泉です。 お部屋によって作りの異なる温泉を楽しみ、心も体も癒されてください。

  • 眺山庭の眺望
    お食事処や露天風呂からの眺望は当館の自慢のひとつであり、流れゆく季節の中で様々な景色をご覧いただけます。 山鹿の街並み、その手前を流れる清流菊池川、さらに奥に広がる阿蘇の山並みは晴天時には外輪山まで望むことのできる絶景です。 毎年8月15日に開催される山鹿灯籠まつりの花火大会は眺山庭からは一等席にてお楽しみいただけます。(抽選にて予約承っております)

  • 眺山庭の食事
    季節会席は料理長自ら吟味した食材のみを使用しております。 まずは目で楽しみ、その後ゆっくりと一品ずつお召し上がりください。 ご満足いただけるよう、手づくりにこだわりをもってご提供いたします。

ご予約・お問い合わせなど、気軽にお電話ください